いろいろ詰め込むと枚数が増える

以下のものをすべて書き切ろうとすると少なくとも原稿用紙で1万枚は最低必要。期間はワシントンが生きた1732年から1799年。当時のアメリカ人の生活のできる限り多様な面。食べ物、医療、街の様子、交通、生計、奴隷制度、社会制度。フレンチ・アンド・インディアン戦争。独立戦争に至るまでの動き。独立戦争の展開。アメリカ軍、イギリス軍、フランス軍の将軍達の戦略や思惑。各戦闘の詳細。将軍達の人間関係。独立支持派と王党派の闘争。王党派が辿った運命。捕虜達の待遇。建国の父祖達の交流。アメリカの国家形成の過程。ワシントン政権で起きた数多くの危機。政権内の人間関係。政策と課題。主人公はワシントンのはずだが、気が付くとアメリカ(擬人化)が主人公のような気がしてきた。ライヴァルは徳富蘇峰。分野が違うけど。