ある少女の日記

18世紀のヴァージニアに住んでいたある少女の日記。当時のヴァージニアの生活が分かる。ブライアン・フェアファックスの娘のサリー。少女らしい率直さが何ともほのぼの?猫が可愛いのは分かるんだが・・・・・。

「夜、悪党が怒りに任せて哀れな猫を殺してしまった。その理由は手で餌をやっている時に、引っ掻いたからだという。新しく来た奴隷は何て憎らしいのかしら。もしこの者が私のものであれば八つ裂きにしてやったのに」