キンドル本の収益

KDPもしくはkindle本でどれくらい儲かるのか。たぶん興味がある人がいると思う。
 2015年10月に発売を開始した『アメリカ人の物語』の売り上げは徐々に伸びている。
 個人本だから宣伝は基本的にない。幸いにもレビューが幾つか付き、しかもすべて☆5。もちろんステマではない。
 縦軸の単位はご想像にお任せするが、かなり良い収益になっている。毎日、一定数が着実に売れているがランキングはあまり変わらない。  
 購入者によると、ランキングはあまり関係なくて、検索してたまたま見つけて面白そうだから買ったそうだ。kindle作家は、自分の本が読者によってどういうワードで検索されるか考えるべきだと思う。  
 無料有料すべて含めて年間1万ダウンロードを目標にする。収益を上げることではなく、『アメリカ人の物語』を知ってもらうのが最優先すべき目的だから。
 『アメリカ人の物語Ⅰ』製本版も売り出したが、あまり売れていない。値段が値段なので豪華製本でもなかなか注文しにくいと思う。実際に手に取って確認できないのは大きな欠点だ。