『チョコレートで痩せる?』―科学とマスコミ

ドキュメンタリー『チョコレートで痩せる?』の根底にある問題意識。

マスコミは権威に弱く真実をまともに検証しようとしない。

もし科学雑誌に掲載された論文で「チョコレートと低炭水化物の食事で痩せる」ことが「科学的に」実証されればマスコミはどう反応するか?

それを探るためにドキュメンタリーの作成者は、科学論文を作ることにした。完全な捏造ではない。実験を本当に実施してデータをきちんと集めた。そして、集めたデータを「統計学のトリック」で結論に都合の良いように書いた。その結果、「チョコレートと低炭水化物の食事で痩せる」ことが「科学的に」実証された。

まずこの過程で明らかになったのは、もし悪意ある者が意図的にデータを操作すれば狙い通りの結果を出すことも難しくないという問題点である。またダイエット業界がお金を出せば、自社の製品に都合の良い結果を買うこともできるという問題点があぶり出された。

次にできあがった論文を科学雑誌(オンライン)に掲載する。それらしい団体をでっち上げてホームページを作る。そして、プレリリースを発表する。するとドイツのビルト紙が食いつき、チョコレートのダイエット効果を一面で報じる。さらに世界に拡散。

ここで明らかになったこと。マスコミは科学雑誌に掲載されているという権威を鵜呑みにして、わざわざ真実を自ら検証しようとしない。その結果、フェイク・ニュースに騙される結果になった。

確かに私もテレビ関係者からよく言われることがある。何らかの史実について検証する場合、彼らは「その話はどの本に載っていますか」と聞く。当たり前のことだが、本に載っていることがすなわち史実とは限らない。さまざまな角度から検証してはじめて史実に近いと言える。マスコミの問題点は、そうした検証という過程をほとんど理解していないことだ。ネットに情報が溢れる今、検証なきメディアは存在価値がない。

それでさっそく『チョコレートダイエットは嘘?チョコでダイエット効果を上げる方法』という記事が出ている。その中に以下のような文章がある。
「低炭水化物ダイエットとチョコレートを組み合わせる」というダイエット方法を、海外のジャーナリストが発表しましたが、そのダイエット効果は嘘だったというニュースがありました。   
それによって「チョコレートダイエットは嘘」という噂だけが流れましたが、「低炭水化物ダイエットとチョコレートを組み合わせる」というダイエット効果が嘘だったのであって、チョコレートのさまざまな効果については嘘ではなく、科学的に証明されています。
最後に「科学的に証明されています」とあるけれど、海外のジャーナリストは、その科学的に証明すること自体にも問題があると指摘しているのを忘れてはならない。それに当該のサイトは見るからにダイエット業界に関連している。したがって、中立公正な立場で「科学的に証明されている」と言えるのだろうか。

私の考えでは、特別な体質や疾患でなければ、適度に食べて適度に運動すれば痩せるよ。これも科学的に証明されているのかな?