アメリカ歴史旅XII―カーライル邸&ワシントンのタウンハウス(アレキサンドリア)

ここに掲載している写真はトレース自由だし何に使ってもOKだよ。

今回は写真9枚。たくさんあるから分けて公開。アメリカ歴史旅XIはフィラデルフィアだったけど今回はアレキサンドリア。アムトラックでフィラデルフィアでアレキサンドリアまで移動すると、昔、ワシントンが移動したルートをだいたい辿れるよ。ワシントンDCのついでにも寄れる。場所はここだよ。 


1、アレキサンドリア駅。特に何もない。


2、シティ・ホール。人々の憩いの場らしい。この街は長期滞在のリゾート客が多いとか。


3、カーライル邸のお庭。どういう家かというとフレンチ・アンド・インディアン戦争の時にイギリス軍のブラドック将軍と総督たちが集まって戦略を協議した家だよ。詳しくは『アメリカ人の物語1 青年将校ジョージ・ワシントン』に載っているよ。


4、こういうふうに案内板があるよ。


5、中には面白い家具が。これは説明しなくても用途は分かるよね。


6、昔の鍵盤楽器だね。


7、これはワシントンがアレキサンドリアに所有していた家のレプリカ。ワシントンの邸宅として知られるマウント・ヴァーノンからアレキサンドリアは近い。お兄さんが建設に関わった街だからワシントン家のホームタウンだね。


8、一般開放はされていなくて普通に住んでいるみたい。


9、でも二階の窓を見たらワシントンの彫像がさり気なく飾ってある。

最後に宣伝。こうして写真を公開しているのは宣伝も兼ねている。よろしくね!第2巻が発売されるまでもう少し待って欲しい。アメリカ歴史旅XIIIに続く。Kindle Unlimitedに登録すれば、『アメリカ人の物語』(kindle版)がお得に読めます。もちろん他のkindle Unlimited対象本も読めます。